だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

今さらながら、映画「君の名は」を見て思った少し変な感想

f:id:dai-diary:20171030004606p:plain
これはネタバレにもなってしまうと思うので、まだ「君の名は」を観てない人はこの記事は見ないでほしい。

たぶん「君の名は」を見ても再度このブログを見ようとも思わないだろうが…


これは別にRADWIMPSの曲が良かったとか

三葉が可愛かったとか
描写がすごい鮮明で良かったとか
さやちんが可愛かったとか
何で滝くんは最後消える瞬間に三葉の手のひらに名前を書かなかったのか

とかいう感想ではなく、ほんと少しだけ感じたことなのだが・・・


最後の方で緒に隕石が落ちる場面がある。あの隕石は「君の名は」の中でも一番といってもいいほどの大事なところである。あと、あの隕石が落ちる瞬間の曲も良く、少し鳥肌が立ってしまった。
しかし、

もしあれで、

最後に隕石が落ちてこなかったらどうなっていたのだろう。


瀧くんが隕石が落ちることを知ってから、三葉のお父さんにバカにしやがって!と胸ぐらをつかんだりとか

同級生のてっしーとさやちんを巻き込んで、発電所などを爆破したりもした。

結果、三葉の言うとおり隕石は落ちてきたことで、お父さん(三葉のだが)に信じてもらえ、住民は避難できたので良かったが、発電所とか爆破したあたりから、もし自分が三葉だったら隕石ほんと落ちるのかなーとか考えてみてしまいそうである


あれでもし最後に隕石が落ちてこなかったら、三葉は町の人達からはもちろん、家族からもかなり変な者扱いされ、てっしーとさやちんを巻き込みんで発電所を爆破などしたりするので前科のようなものがつき、町の人達から一生陰でひそひそ話をされて、


もう最悪である...。

糸守町では一生良い感じでは暮らしていけなくなるだろう。



もし自分が三葉だったら

隕石が見え、割れたのを確認したとき、

助かったー

とまず真っ先に思う。 

隕石落ちてきてよかったーあぶねー

とも思う。

朝起きた時には誰よりも隕石が落ちないでほしいと願っていた自分が、隕石が落ちるとわかったとたん、誰よりも嬉しがるという変な心境だ。


隕石が落ちるとわかるまで、そういう意味でも三葉は、けっこうドキドキしていたのではないだろうか。という謎の考察でした。

余談

どうでもいい話なのだが、
「三葉」と書くとき「三つ葉」と書いて真ん中の「つ」を消す作業をしないといけないので、何気に面倒だった。

また漢字変換するときに一番候補に出てくる「三橋」と何度か書いてしまった。


君の名の映画を見た中高生、もしくは20代の人などで、もし将来結婚して子供が女の子だとすれば、三葉という名前もありかもなと考えた人がいるかもしれない。

そんな人たちに伝えたいが、その子供のこれからの変換作業の煩わしさの将来を考えて、今一度検討してほしいと記事を書いて思った。