だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

初心者が将棋を始めるなら「棒銀」と「四間飛車」どちらを先に学べばいいのか

たまに見かけませんか?

大して知りもしないのに、少しだけ勉強したことでいい気になって、すぐに誰かに自慢げに話すような人を。

 

そう、僕のことである。

 

 

最近、藤井聡太四段の活躍もあり、空前の将棋ブームが来ている!

 

かくいう僕も、小学校の低学年の頃くらいに少しだけ将棋をしたことがあり、今までさっぱりだったが、最近の藤井4段の29連勝加藤一二三九段の引退などをテレビやニュースなどで取り上げられているのを見て、僕自信の中でも将棋ブームは再来してきている!

 

そして、そんな将棋ブームが来ている現在、今から将棋を始めようとする人も多いのではないだろうか

 

そして!

将棋を始めようとしている人が知りたいのは将棋の戦法だと思う!

 

将棋の戦法というのは数えきれないくらいあり、その戦法の中でも、相手の駒の動かし方によって無数に枝分かれしていくので、もう無限にあるといってもいいと思う。

 

そんな戦法がたくさんあれば、今から始めようとする人にとってどの戦法にするか悩む人が多いだろう。そこで、初心者におすすめの戦法としてよく紹介されているのが、

棒銀」と「四間飛車」である。

 

今回今から将棋を始める人のためになんとなーく将棋をができるようになった僕が

棒銀四間飛車の特徴について簡単にまとめてみた。

 

棒銀の特徴

f:id:dai-diary:20170903200452j:plain

  • 攻め将棋

図のように飛車の前に銀をどんどん動かしていく完全な攻め将棋である。

 

  • 破壊力がすごい

相手が棒銀の受けを知らないと、ただなんとなく攻めただけでも簡単に相手を攻めきることができる。

 

  • 攻め方が単純でわかりやすい

狙いは決まっているので攻め方にそこまで迷うことはない。しかし、狙いが単純であるぶん受け側は対策を立てやすい

 

  • 攻め足が速い

動かす駒は銀くらいなので、攻めるまでが早い

 

 

 

四間飛車の特徴

f:id:dai-diary:20170903210815j:plain

  • 受けの将棋

図のように飛車を左から4マス目などに駒を動かし、相手が左側を攻めたきたところを受け流した後にカウンターを狙うような戦法

 

  • 序盤は動かす駒がほぼほぼ決まっているので迷わず動かせる

四間飛車となれば、大抵の人がこの図の形にすることが多いので、最初の十数手はほぼ何も考えずに指すことができる(時と場合によるが・・・)

 

  • 初心者特有のすぐにボロ負けというのになりにくい

この形をすることで、早い段階で王を囲うことができ、初心者でも一瞬でぼろ負けにされるという大事故になりにくい。

 

  • 形が決まってからが難しい

この形以降の駒の動きについては相手の駒の動かし方によって変わってくるので、どういうように動かしていいいのかわからなくなることがある。

 

  • 大駒を動かすので将棋をやってる感がある

序盤に飛車を大きく左に動かすので、将棋を何も知らない人が見ると、「こいつ将棋知ってるな」と思われちょっと優越感に浸れる。

 

僕的には棒銀をおすすめしたい!

簡単にはまとめてみたのだが、僕個人の意見としてはまず棒銀をおすすめしたい。

 

僕自身の浅い経験からして

四間飛車を進める理由というのは、駒をどう動かして良いかわからない人のためというのと、形から入りやすいというのが主な理由だろう。

 

四間飛車を指すのなら最初の十何手かはある程度形が決まっているので、その通りに指すだけで、なんとなく将棋をやってる感が出るのはちょっと嬉しいかもしれない。

 

でも、四間飛車は相手のカウンターを狙っている戦法みたいなところがあるので、形ができた後に自分から攻めるというのはなかなか難しいような気がする。

 

それに、形ができてしまうと、どう動かして良いのかとたんにわからなくなり、それからは相手の駒の動きを見つつ動かさなくてはならなくなる


将棋を始めたばかりの人にそれって楽しいだろうか。

僕自身のやってみた経験として、まだ始めたばかりだったら、相手の攻撃を受けるよりも、攻めて攻めて攻めまくるくらいが案外楽しかったりするのではないだろうか

※ぶっちゃけこれは人によるかもしれないが・・・

 

そういう意味では棒銀というのはとてもうってつけのような気がする。

自分で主導権が握れて、相手を攻め切れた時の快感は忘れられなくなる。また、将棋の基本な攻め方を知ることもできるのが良い。

 

もちろん、四間飛車の相手の攻撃を受けながらもやり返すというのも聞こえによっては良いかもしれないが、それはそれで、初めたばかりだとなかなか難しいような気もするし・・・

 

 

 

 


まあ、正直な話、四間飛車棒銀どっちもやってみるのが一番だと思う