だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

犬や猫を飼っている人はそのペット達を365日24時間愛しているのか

僕は最近猫が好きだ。超好きだ。画像とか動画見るともうめちゃくちゃ癒される。

f:id:dai-diary:20170915021610p:plain f:id:dai-diary:20170915021759p:plain

一ヶ月ほど前にも書いたが、もう毎日のようにインスタとかツイッターとかネット記事とかで猫の動画などを見ている。

www.dai-dai-dai.com

そんな毎日のように見ていと、これ自分で飼ったら済む話じゃないのかと、たまに思うことがある



今まで僕は犬や猫を飼ったことがなかったのでペットを飼うという感覚があまりわかっていないのだが、『猫あるある』で、猫はよく飼い主がパソコンをしていたり、机で勉強をしていたりするとその作業を邪魔してくるというのがある。その姿はもうじゃまかわいいらしく、もうみんなが癒されるらしい。


僕もそんな『じゃまねこ』を飼い主が避けているのを動画で見ているだけで可愛いなと単純に思ってしまう。


でもその『じゃまかわいい』というのは、その一瞬だけのことではないかとも考えてしまう。



例えば、僕がパソコンで何か作業をしている時に猫がじゃまをしてきたとする。

そうなったとき僕は・・・



猫「ニャー」
MacBookのキーボードを占拠してるオス猫(スコティッシュフォールド)

僕「もう邪魔だな~笑」
と言いながら猫を移動させるだろう。






そして数分後また邪魔をしに猫がやってくるとする。


猫「ニャー」
MacBookのキーボードを占拠してるオス猫(スコティッシュフォールド)

僕「また~笑。だから邪魔って言っただろ~笑」
と言いながらまた猫を移動させるだろう。





そして、また数十分後猫がじゃまをしてくるとする。
猫「ニャー」
MacBookのキーボードを占拠してるオス猫(スコティッシュフォールド)

僕「もう3回目だろ~」
とまたもや言いながら猫を移動させるだろう。





そして数十分後またまたやってきたとする。
MacBookのキーボードを占拠してるオス猫(スコティッシュフォールド)
猫「ニャー」


僕「いやもういいって!




とマジでキレそうだ



猫がしゃまをしてきたとしても、笑ってかわいいなと思うのはせいぜい2回目くらいまでで、もうそれ以上はマジでイラつきそうな気はする。


あとは、家に帰った時とかも出迎えてくれてすり寄ってかまってアピールされると、可愛いと思うことは絶対あると思うが『今日はちょっとそんな感じじゃない』やっていう日も絶対あると思う。


毎日毎日、同じように猫に可愛いな~と言える自信がない。
もうほんと色んなことがあって疲れて帰った時、猫に「ニャー」て近寄られたとしても
(あーめんど・・・)となる日は

月に2、3日は絶対ありそうだ


あと、猫はよく毛とか落ちたり服に付きまくったりして掃除も大変になりそうだし、猫の糞とかもトイレで砂を荒らして床に飛び散ることもあるらしいし、仕事とかで疲れて帰った時に部屋が散々な状態だったらなんかもう猫を100%愛せないかもしれない


もしそんなボロボロになった部屋を掃除している時に猫が自分のベッド寝ていたり、ご飯を催促してきたりすると、猫に対して軽くマジで舌打ちしてしまいそうな気もする。


癒しとか可愛さでそれ以上に飼ってよかったと思えればいいのだが、たぶんその可愛さも最初の3ヶ月くらいで、段々その可愛さに慣れてくれば、もうあとはただの臭い糞をする生き物にしか見えなくなってくるかもしれない。

そうなってしまうのが恐い・・・

逆に、犬とか猫を飼っている人は一度もペットを煩わしいと思ったことはないのだろうか?仕事でめちゃくちゃ疲れて家に帰ってきて、ものすごいかまってアピールされても、それが365日毎日続いても少しもめんどくさいなと思うことはないのだろうか?


でもそこでめんどくさいと思うようだったらペットはあまりオススメはできないような気もする。

そんな人間側の勝手な都合で、今日はかわいいからいっぱい撫でて愛して、今日はめんどくさいからあんまり撫でないとか気分を変えてしまう日があるなんて、それはあまりにも自分勝手な愛情という気がして、ペットというものがすごく人間の都合の良いものになっているような気がしてしまう。


例えばペットを飼っている人は、仕事から疲れて帰ってきた時に、来週ちょっと良い感じの人とデートに行くために洋服店をいくつも周って、ようやく見つけることができたちょっと値段の高いワンピースとかジャケットとかシャツなどを猫にボロボロにされていたのを発見しても、「もうしょうがないんだから~」とそういうのも全部含めて愛せるのだろうか。


そんなことをした次の日に猫がめっちゃ臭いうんこを床にまき散らかしても、何も気にせず「もうしょうがないんだから~」と掃除することができるのだろうか。


僕はもしそんなことをされたら、100%の愛情を伝えられる自信がない。


でも、どんなことをされてもちゃんと動物を愛せる人が、ペットを飼っているんだろう。そういうことを苦もなくできる人は純粋な心を持っている人なのだろう。そういう部分はペットを飼っている人はスゴイなと思う。


それに比べ、毎日いつでも同じように100%全力で愛せる自信のない僕はたぶんペットを飼う資格もないし、責任感もなくて、自分のことしか考えていなく、ただ猫の良いところだけを見ていたいという浅い考えなので、画面を通して猫が動いているのを見るくらいのが一番良いのだろう。




ていうかまず今のアパート・・・
ペット可じゃないし