だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

スマホと連動して天気を教えてくれる1万円の傘『JONAS』を買ってみた

f:id:dai-diary:20180206041541j:plain
家を出かける時に傘を持たずに外出して、いざ時間が経つと、雨がザーザー降っていてコンビニで慌ててビニール傘を買ったり、買おうと思っても傘が売り切れで買えなかったというようなこと、誰でも一度は経験があるのではないだろうか。

 



僕が最近買って愛用している『JONAS』(ジョナス)という傘は

今日雨が降るかどうか教えてくれる傘なのである。


良い傘がないか探していると・・・

僕は以前、雨というなんともテンションが落ちてしまうような日を、どうにか明るい気持ちにできないかと思い、色々な雨グッズをネット上で探し回った。


※ちなみにその記事はこちらである

www.dai-dai-dai.com


その中で僕は面白い傘を見つけて、購入してみたのが、この『JONAS』(ジョナス)という傘である。


発売されたのは2016年の8月であり、当時はスマホと連動する傘というのは世界初だったという。ではこのスマホと連動して何ができるのという話だが、『JONAS』(ジョナス)が持つ機能を書いていく。

天気を教えてくれる

f:id:dai-diary:20180206041629j:plain
スマホと傘をBluetoothで連動させておけば、出かける前に傘を地面に軽くトントンと叩くだけで、傘の帽子の部分が光って、今日の天気を教えてくれる

緑⇒『晴れ』だから傘は置いていって大丈夫

f:id:dai-diary:20180206041713j:plain


赤⇒『雨』だから傘持っていきなさいよ 

f:id:dai-diary:20180206041743j:plain



朝の時間が無い時は、傘のライトを見るだけで判断できるので、急いでいる時には便利である。


傘を置き忘れていたら、スマホで知らせてくれる

f:id:dai-diary:20180206041829j:plain

スマホと傘を連動させたまま傘と10mくらい離れると、スマホに通知がくる。(※スマホにはバイブと音で知らせてくれるのだが、この設定は切ることもできる)

↓スマホには下のような画面が出る

f:id:dai-diary:20180206041911j:plain


なので、居酒屋などの飲食店で傘を置き忘れても、すぐに知らせてくれるのですぐに気づくことができる

そしてこの通知の後に、どこに傘を置き忘れたのかをグーグルマップなどで知らせてくれるので、傘を置き忘れた場所もすぐにわかるようになっている


傘を差していた時、着信やメッセージなどの通知を教えてくれる

f:id:dai-diary:20180206041945j:plain
傘を差している時、スマホはバッグやポケットに入れている場合がほとんどだと思うのだが

大雨の時などは時には気が散漫していて、着信やメールなどの通知が来ても、スマホのバイブに気づかない場合がある。

しかし『JONAS』の場合、もしスマホに通知が来た場合、スマホと連動して持っている傘の柄の部分が振動してくれる

もし、大事なメールなどを待っていた場合など、すぐに気づくことができるので安心でもある。


スマホを無くしてしまった場合、傘の方から探すことができる

f:id:dai-diary:20180206042023j:plain
もし、スマホなどを無くして、スマホの位置がわからなくなった場合、『JONAS』を水平に10回ほど振ると、スマホから振動と共にアラーム音が流れる。画面も点くので、暗闇などではすぐにわかる。

↓スマホには下のような画面が出る
f:id:dai-diary:20180206042100j:plain


『JONAS』と傘を連動していたままの状態のみ使える機能であるが、もしもの時には便利な気がする。(僕はまだ実際にその場面で使ったことがないが・・・)


『JONAS』のデメリット

この傘の良い所は上げてみたが、意外にそこまででもないところもある。

傘とスマホを接続させるのが若干手間

『JONAS』とスマホはBluetoothで繋げるのだが、すぐに繋がらない時もある。

先端の帽子のところに乾電池が入っているのだが、その帽子を一度外してつけないと接続されない時もある。

僕の傘だけなのかもしれないが、そういうことが多々あるので、ちょっと接続するのが面倒な時もある。


バックランドでアプリを開いておかないといけない

当たり前のことではあるが、この傘とはアプリを通して繋がっているので、そのアプリを閉じると、傘との接続が切れる。

もし、スマホと連動させる場合にはもう一度接続する必要があるので、アプリは閉じることができない。なので電池の消耗は多少はある。


個人的に気に入っているところ

デザインが良い

僕が一番『JONAS』を使っていて良いなと思っているのがこの傘の柄のデザインである。
f:id:dai-diary:20180206042134j:plain

こんなユーモアに溢れた傘の柄のデザインは僕はなかなか見たことがない

このジェントルマンな顔もそうなのだが、傘を閉じた時に露先の先端のばらつきを抑えるためにはめ込むネクタイのやつも僕は気に入っている。
閉じた時はちょうどカチっと音がしてハマり、少しオシャレな感じで束ねることができる。


話しのネタになる

『JONAS』を持ち歩いていると、「何なのその傘?笑」みたいに反応されることがよくある。
そこで
「いやあこれスマホと連動する傘で~」
と少しだけ他の人が持ってない傘を自分が持っているとアピールをしつつ、その話しで話題を膨らませることができる


意外に水を弾く

f:id:dai-diary:20180206042213j:plain
まだそんなに使ってないというのもあるかもしれないが、傘にそういうコーティングをしているようなので、やっぱり普通の傘と比べると水の弾き具合が違う。


最後に

『JONAS』という傘、どうですか?
ここまでの機能を持った傘はあまりない気がしませんか?

ちなみに、日本では基本的に年間で100日くらいは雨が降るらしい。
ということは3日に1度は傘を使う日があるということだ。

それが何十年も続くとなると、意外に傘は大事なのではないかと思う。

値段は1万円なので傘にしてみては高いが、まあ使う頻度からしてもそこにお金をかけてもいいかなと思って思い切って買ってみた。

もし面白い傘を探してる人がいれば、こういう傘はどうでしょうか。