だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

Googleから警告メール 広告が消せずにやむなく記事を削除・・・

路頭に迷うスーツ姿のドイツ人ハーフ

昨日の夕方にGoogle AdSenseからメールが来ていたので、開いてみるとこんな内容だった。

タイトル:Google AdSense: AdSense プログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です


お客様

お客様の AdSense アカウントは AdSense のプログラム ポリシーに準拠するよう修正していただく必要がありますので、警告メッセージとしてお知らせいたします。お客様に必要なご対応などの詳細については、下記をご覧ください。

f:id:dai-diary:20180113004024p:plain

というような内容のメールがきていた。


もう記事を削除してしまったのだが、どうやら『〇リヘルを呼んだらかなりのデブが来て、最後にきつい言葉を浴びせてしまった』というタイトルの記事のことだった。


なるほど・・・

たしかに
『性〇なマッサージ サービス』というものにがっつり当てはまっている


解決方法

このまま放っておけば広告を停止させられるらしく、解決するには2つの方法があるとのことだった。


1つ目の方法
・ページのコンテンツに関する通知を受け取られた場合は、該当するコンテンツをサイトから削除するか、違反に該当するページから広告を削除してください。

『その記事を削除する』


2つ目の方法
・サイトでの広告の掲載方法に関する通知を受け取られた場合は、掲載方法に必要な変更を加えてください。

『その記事の広告を削除する』

このどちらかをすれば大丈夫らしい。

僕はもちろん記事は消したくなかったので、その記事だけ広告を削除することにすることにした。


参考にさせていただいた記事

さすがはてはブログというか、やっぱり先人達がいるのがとても心強い。

特定の記事の広告を消す方法というのはすぐに見つかった。

hapilaki.hateblo.jp

 

www.yutorism.jp


この2つの記事である。この記事以外には特定の記事の広告を消す方法というのはなかったと思うので、おそらく警告のメールが来た人のほとんどはこれを使用しているはずだ。

プログラマーというのは僕は天才的だと思う。プログラミングというものを全くわかっていないままブログをやっている僕のような人達にとって、こんなに感謝されるべき人達はいないと思う


記事通りに実践するが・・・

そして、記事を拝見させてもらってその通りに実践した。

まずすることはアドセンスコードの「広告ユニットの名前」を下に移動するということだった。

ここで僕は気づく・・・
この記事で説明されているコードと、僕のコードはなにやら違う


アドセンスコード自体はだいたい一緒なのでわかるのだが、僕のアドセンスコードにはその前後に別のコード?が書かれてある。


僕が使用させてもらっている広告の貼り方は

www.bombkun.com


こちらの記事のコードを丸パクリで使用させてもらっている。

記事下にダブルレクタングルで、スマホにレスポンシブという、僕の完全にやりたい広告の貼り方だった。

これを見つけた僕はすぐさま使わさせていただいた。


少し違うコードを使用しているからか、うまくできない

しかし、この2つがどうも噛み合わない・・・。


広告を消す方法として説明されているコードは、僕のコードとは若干違うのだが、違うなりに、広告ユニットの名前を下にずらして、コードを追加してみるが

その記事を見ると、記事下の広告は一応消えてはいたが、サイドバーがごっそり無くなっていて、関連記事の下に1つだけ広告が表示されている。

広告ユニットの名前のずらす位置が違うのかと思い、色々試してみるが、どうにも同じような感じになる。

数時間ほど色々調べてみたり、試してみたがどうにもわかりそうになかった・・・。

こうなると僕はもうお手上げでしかなく、諦めることにした・・・。


自分でプログラミングを学ぶしかないのか・・・


最後に

まあそもそも
〇リヘルを呼んだらかなりのデブが来て、最後にきつい言葉を浴びせてしまった
というタイトルの記事は全然大したことが書かれてある記事ではなく、そんなにアクセスがあるわけでもなく、そこまで残したい記事ではなかったが・・・

自分の書いた記事というのは変に愛着が湧いているので、ちょっと悲しくなった僕でした。

(一応文章は保存したので、もし復活できることがあれば蘇らせてあげたいなと思っています)

ていうかこれから書いていく記事でまた警告出されたらどうしよー・・・