だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

ブログは敬語とタメ口どっちで書くといいか、今だにあまりわかっていない件

カフェでテキストを入力する
僕はブログを始めてもうすぐ半年になり、この記事でだいたい60記事目くらいになる。

そんな僕だが
今だに、ブログを敬語で書くのかタメ口で書くのかわかっていない

 
僕の思うに
これはあまり良くない気がする・・・

 

高校時代のブログは友達が見ていたのでタメ口で書いていた

もう今から何年も前になるのですが、僕は高校時代の時にブログを書いていたことがありました。

高校3年生の時に、クラスメイトの4人でホームページを作って、そこで各自がブログ(当時は日記と呼んでいましたが)を書いていました。

ガラケーで書いていたのが今にしてみれば懐かしい。

そのブログでは僕はタメ口で書いていたと思います(たぶん)。

当時はホームページというものが同年代の学生の中で流行っていて、みんなが色んなホームページを作って、友達に送っていたりしていましたが、基本ホームページを読む人は同じ高校の人か、中学校の頃の同級生などになっていたと思います

なので僕たちは、同年代の知り合いに向けてブログを書いていたので、何も気にすることなくタメ口全開で書いていたと思います

今のブログは僕を知らない人が読んでいる

高校時代と違い、今のブログは僕のことを全く知らない人に向けて書いています。

初対面の人と会話する時は大半の人が敬語で話すことが多いと思いますが、ブログも同様に初めて読む人もいると思うので、書くときも敬語で書いた方が良いと思ったのですが

敬語で書くと自分では面白くなさそうなブログになる気がしていたので迷いました。

結局迷った末に、やっぱり面白いブログ(全然大したブログではないですが)を書いてみたいと思い、タメ口でブログを始めたのですが

今になってちょっと困っています

記事によってはタメ口がちょっと嫌になる時がある

タメ口で書いた時、冗談っぽい書き方だとタメ口でも違和感がない時はあるのですが、真面目になにかの見解を書いている時に「~だが」「~である」とかのタメ口だと、カッコつけてる感じがして自分で違和感を感じてしまうんですよね

数回程度なら特に違和感なく読める時もあるのですが、それがずっと続くとなんか自分の身の丈にあってない感じがして違和感を感じてしまいます

書く人が書けば、たぶん何でもないことなのかもしれませんが、僕はタメ口で書くと、等身大以上の自分を見せている気がしてちょっと嫌でした。

記事によって敬語とタメ口がバラバラになっている

でも、そういう思いがありながら、敬語で書くと面白くないブログになるのではないかという葛藤もあり、微妙な感じのまま今に至り、今では記事によって敬語で書いていたり、タメ口で書いたりバラバラな感じになっています

どちらにしようか迷っている最中で、色々考えた末に「よし、ブログはタメ口でいこう!」と決意したかと思えば、次の日には「よし!ブログは敬語で行こう!」と決意していたりします。

正直これはあまり良くない傾向にあるのではないかと思っています。

読む側の立場だったら、そんなブレブレのブログは読みたいと思われにくい気がするんですよね。

 

他の方のブログを見ていると一つの記事の中に敬語とタメ口が混ざっていたりする

では、他のブロガーさんの方たちはどのように書いているのかなと思って見ていたりしてみたのですが、敬語とタメ口が混ざっていたりする人もけっこういるんですよね。

でも全然読みにくい感じではなく、違和感なく普通に読めます

僕はどちらかに統一するべきだと思っていたのですが、他の方のブログを見ているうちにそこまで気にしなくてもいいのかなと思い、いざ、自分が混ぜて書いた場合、読みかえした時の違和感がハンパないです。(過去の記事を何度も書き直しています)

おそらく僕の文章力の問題だとは思いますが・・・


ここらへんみんなどうしているのでしょうか。何も意識していなく、書きたいように書いていたら自然と今の形になったみたいな感じなのでしょうか。

正直それが一番の理想の形で、とても羨ましく思います。

今の状況と、これからの書き方

今の自分の状況をまとめてみると、

タメ口で書いていた方が自分でも面白い

でもそれだと違和感が出る時がある

では違和感が出たときだけ敬語にしてしまう

修正をしていると、どれに違和感があるのかどれに違和感があるのか分からなくなる

迷走

という感じになっていますね。

とりあえず考えてもしょうがないので、どんどん記事を書いていくしかないのですが・・・。
初めて英語が羨ましく感じました。

最後に

ようするに一番言いたいのは、

ブログを書いている人はみんな凄いってことです。