だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

【猫好きおすすめ】少しマニアックな猫の写真集をまとめた

「必死すぎるネコ」の画像検索結果
今、空前の猫ブームを迎えているなか、猫が好きな人は増えてきていると思います。

そこで、今回は猫好き人必見の少しマニアックな写真集をまとめてみました。


猫の特定の一部分を集めたものだったり、特定の動きをしているような、少し変わった猫の写真集を集めてみました

猫好きな方にはたまらない写真集がたくさんあると思います。

ネコの裏側


透明ボードに乗った猫たちを下から撮影した写真集。

ネコの裏側

モフモフのお腹や可愛らしい肉球まで、猫を飼っている人もあまり見ることがない部分を存分に楽しむことができる。手足のぎゅぅ~って感じがたまらん。

マニアックな写真集の中でも、かなりマニアックな部類に入ると思う。

このアングルの猫を一度見てこの良さに気付いてしまったら、もう抜け出すことはできない気がする。

必死すぎるネコ


必死な動きをしている猫しか出てこない写真集。

写真展・必死すぎるネコ

この写真集はかなりの人気で、発売直後から売り切れ続出で話題となっている写真集である。

猫の写真は、何かに夢中になっていたり、何かに頑張っているような、普通の写真集では見られないような猫の姿が集められている。

猫写真家である沖昌之さんがこれまで撮影してきた何万枚という猫たちの写真から、90枚を厳選して掲載したようだ。

ぶさにゃん


猫のぶさいくな顔や恰好を集めた写真集。

f:id:dai-diary:20180228040716j:plain

ぶさにゃんというタイトルだと、ブサイクな顔をした猫だけと思うかもしれないが、この写真集ではブサイクな格好をした猫も登場している。ちょっと残念な猫を集めたと言った方がわかりやすいかもしれない。

写真集で紹介されている猫は野良猫や地域猫たちの様子を撮影している。

大ヒット作『必死すぎるネコ』を撮影した沖昌之さんが以前に発売したものであり、少し毛色が似ている感じがするので、大ヒット作はここから生まれたのかもしれない。

パイニャン


女性の胸でじゃれている猫の写真集。

パイニャン

猫好きな男からすれば、好きな物+好きな物が融合された写真集なので、かなりの癒しの写真集となるのは間違いない。もちろんだが全ページこれである。

癒されると同時に、読んでいくうちに猫に嫉妬してしまいそう。

チュートリアル徳井がこの写真集の帯でコメントしている「男はおっぱいの前で我を忘れるが、猫は、冷静だ」というのにも注目したい。

ぶるにゃん


猫たちのぶるぶるしている瞬間をとらえた写真集。

画像

この写真集はアメリカ在住の動物トレーナー兼写真家のカルリ・ダビッドソンという方が撮影したもので、約60匹の猫たちのぶるっとした瞬間がおさめられている。

肉眼では速すぎて見ることができない猫たちの表情を楽しむことができる。

アメリカでは大ヒットしているらしく、犬バージョンの「ぶるわん」というのも発売されている。個人的に「ぶるわん」の方が迫力がありそうな気はしないでもない。



のら猫拳


拳法をしているような格好の猫を集めた写真集。 

f:id:dai-diary:20180228033424j:plain

これも瞬間的な猫をとらえたものになるが、このアクションの格好を集めたのは笑える。

写真を見てみたが、どの猫もかなり個性的なポーズを決めていて、中に人が入ってるのではないかと思うくらいのレベルだった。

この写真集は第二弾『のら猫拳キッズ』も発売されていて、第二弾では子猫が掲載されている。カンフーマスターを目指している修行中の猫みたいな設定があるよう。

飛び猫


猫がジャンプする瞬間をとらえた写真集。

画像

大ヒットした写真集。「飛び猫」を撮影した写真家の五十嵐健太さんは、漁船と漁船の間を飛び移る猫の写真をきっかけにこの写真集を「飛び猫」を撮るようになったようである。

他の猫の写真集もそうかもしれないが、飛んでいる猫を撮影するというのは、猫の飛ぶ瞬間を待たないといけないので、けっこうな根性がないと撮影できない気がする。

ねこのおてて


猫の「手」のみを集めた写真集。

ねこのおてて

言われるまで気付かなかったが確かに猫の手ってクリームパンみたいだ・・・。

写真集には、香箱座りをしている時の手や、爪が飛び出たパターンの手など、色んな手のバージョンが収録されている。

内側はぷにぷにの肉球で外側はフワフワって、猫の手はマジで食べ物に近いものがあると思う。この手を握ってあげたい・・・。

ねこのおみあし


上のは猫の「手」だったがこれは猫の「後ろ足」だけを集めた写真集

ねこのおみあし

猫の「足」ではなく「後ろ足」なので、足と同時にお尻も写っているのが良い。

写真集の中には足を全開に開いている猫や、「くつしたねこ」という毛色によって靴下を履いているように見える猫など色んなパターンが紹介されている。

手といい足といい、猫は一部分だけ見ても充分かわいいというのがわかる。

じゃまねこ


なにかの邪魔をしている猫を集めた写真集。



猫が邪魔をしてくるというのは完全な猫あるあるだが、その瞬間を集めたものである。

邪魔をしても可愛くて許されるのだから猫って罪な生き物だとは思う。

どやにゃん


猫たちの“ドヤ顔”ばかりを集めた写真集。

f:id:dai-diary:20180228042420j:plain

この写真集のなかでは、どのようなものが「どやにゃん」なのかということが説明されてあり、「どやにゃん」はボス猫になろうと日々努力を重ねている生き様が「どやにゃん」にさせるようだ。

奥が深いような深くないような話である。

猫はあまり表情がないような気もしていたが、この写真を見ると意外に表情があるんだなと思った。

ねこ舌


猫がペロッと舌を出した瞬間を集めた写真集。

f:id:dai-diary:20180228043622j:plain

また猫の難しい瞬間を集めたものである。猫が舌を出す瞬間をおさめるのは猫を飼っている人でもかなりの難易度ではないだろうか。

写真では、毛づくろいしている時、あくびをしている時、舌のしまい忘れなどのら猫たちの日常がおさめられている。

最後に

少しマニアックな猫たちの写真集はどうでしたか?

正直、マニアックなものでも意外に数があったのが驚きました。

冷静になって考えれば、一種類の生き物にかなり凝って着目しているのはなんか笑えてくる気もする。
紹介した写真集のなかには最近発売されていて人気を集めているものもあるので、そう考えれば猫ブームは当分終わらない気もした。

まあ、ようするに
猫はかわいいということである