だいのブログ

友達の少ない僕が色々と1人でやってみたことを書いていくブログ

森友文書の一番の問題ー足立康史議員の動画がわかりやすい

f:id:dai-diary:20180317003341j:plain
森友文書問題がここまで大きな騒動になってしまった原因を足立康史議員の動画から書いていこうと思います。


森友学園の国有地売却に関する決裁文書の書き換えについて、朝日新聞が報じてから非常に話題になっています。

僕も政治に関してはよくわからないなりに、色々調べたりしていたのですが

その中でツイッターで拡散されていた日本維新の会の足立康史議員が今回の森友文書について解説していたYouTubeの動画を見ました。

↓こちらの動画です

www.youtube.com


今回の騒動について、財務省、国交省、会計検査院がどういう動きをしていたか非常にわかりやすく解説されていたので、騒動について気になっている人は必見だと思います。

3月12日の会計検査院と野党の合同ヒアリングの様子は公開されていましたが、それを見ていてもちょっとわかりくかった僕にとっては非常に良い動画です。

動画はちょうど30分くらいで終わるのですが、もし時間があるのであれば、この記事は読まなくとも、動画を見た方が良いと思われます。

動画の内容

この動画は3月13日の朝に足立康史議員が財務省理財局、国交省航空局、会計検査院の3社と議論を行い、その議論で分かったこと、今回の森友文書問題の何が一番問題だったのかを足立議員の見解で解説しています。

森友文書問題について財務省、国交省、会計検査院の時系列

2015年 貸付決議書などがまとめられる


2017年2月 朝日新聞「国有地が大幅な値引きで売買されていた」と報じる

2017年2月17日 安倍総理「もし、私や妻が関係していたら首相も国会議員を辞める」と発言

2017年2月24 佐川前理財局長の国会答弁「適正な価格で国有地を売却した。不当な働きかけは一切ない」


※2017年2月下旬~4月 財務省は文書を改ざん


2017年3月6日~11月22日 参議院から頼まれて会計検査院が調査を行う

(1) 検査の対象
財務省、国土交通省
(2) 検査の内容
学校法人森友学園に対する国有地の売却等に関する次の各事項
ア 大阪府豊中市の国有地の貸付及び売却の経緯
イ 貸付価格及び売却価格並びに価格算定手続の適正性
ウ 当該国有地の貸付及び売却に関する行政文書の管理状況

国会からの要請に係る検査の実施について | 検査活動(平成29年分) | 検査活動 |検査関係 | 公表資料 | 会計検査院 Board of Audit of Japan


2017年3月6日~4月26日の間(いつかは不明) 会計検査院は理財局から決裁文書を入手

2017年4月26日 会計検査院は国交省から決裁文書を入手

会計検査院は国交省理財局から決裁文書を入手するが
理財局から入手した決裁文書は改ざん後のものであり、
4月26日の時点で、
国交省から入手した改ざん前の決裁文書
理財局から入手した改ざん後の決裁文書
2つの決裁文書をすでに持っていた

なぜ同じであるはずの決裁文書が違うのか疑問に思った会計検査院は財務省本省に問い合わせる

会計検査院「文書が2つあるんだけど・・・」

財務省「我々の文書が最終版だよ」

会計検査院「了解した」

足立議員の見解だと、この違う文書があることを知りながら会計検査院がスルーしてしまったのが問題

会計検査院は、裁判所にも政府にも属さない独立した憲法機関であり、会計経理が正しく行われるように監督する職務なのに、それを全うしてないということになる


※2月の下旬~4月まで改ざんが行われていたようだが、会計検査院が国交省から決裁文書をもらい、財務省に問い合わせてから改ざんがストップしたのではないかと予測


そして月日は流れて・・・

2018年3月2日に朝日新聞が書き換えの疑いがあると報道

という流れとなっています。

足立議員の見解

もちろん、財務省が忖度をして改ざんをしたことも問題ですが、2017年4月の時点で2つの決裁文書があるのを知りながらスルーした会計検査院の問題の方が大きいという足立議員の見解でした。

最後に

また、動画だけではなく、足立康史議員はご自身のブログにもこのことを記載していました
「安倍主犯」という捏造された“物語” - 財務省と会計検査院こそ「改革の本丸」 -

この記事を書いている途中に足立議員がブログに書かれていることを知ったのですが、
書き終わったあとになって考えれば、正直同じことを書いている僕のこの記事はあまり存在意義はあるのか?

と思いましたが、まあいいかと思い書くことにしました。


あと、知ってる人からすれば普通のことなのかもしれないが、
「スーパースペシャル忖度」とか
「僕の好きな野田中央公園」と.か
「あまりそれやると党から復帰させないぞと言われるんで」とか
「朝日なんかどうでもいいんです」など

足立議員の話し方が普通に面白かった

真面目な話しでも、ユーモアな要素を交えながら話すことができる人はやっぱり聞いてしまう魅力がある