【にけつッ!!観覧】当日の様子や整理券を貰うまでの流れなどを詳しく紹介

未分類

千原ジュニアとケンコバのトーク番組『にけつッ!!』は一般の人が客席で収録を見ることができる観覧番組です。

『にけつッ!!』の番組観覧は「無料」「予約なし」で収録当日に現場に行くだけで見ることができます

この2人のトークをそんな良い条件で見れるのはもったいないくらいだと思います。

今回は、『にけつッ!!』の収録を何回か見たことのある僕が、当日の観覧の様子や整理券をもらうまでの流れなどを詳しく書いていきます

※もし『にけつッ!!』の観覧に行くのであればこちらもどうぞ↓

  1. 千原ジュニアとケンコバのトーク番組『にけつッ!!』
  2. 収録場所は渋谷の『ヨシモト∞ホール』
  3. 収録日は「土曜日」で約3週間に1回
  4. 観覧は「無料」「予約なし」で見ることができる ※身分証(免許証)は必要
  5. 『ヨシモト∞ホール』の定員は約280名で当日は整理券が配られる
    1. 収録回ごとの整理券の配布時間と収録時間
    2. 定員をオーバーするとその収録回の整理券は貰えない
  6. 収録日当日の整理券を貰うまでの流れ
    1. 1本目から見る為に13時20分頃無限大ホールへ着く
    2. ※注意点 最後尾が少し分かりづらい
    3. 整理券とアンケート用紙を受け取る
  7. 整理番号の番号について
    1. 13時20分頃『ヨシモト∞ホール』に着くと”立ち見”で見れる程度の整理券の番号を貰う
    2. 整理番号が若い人から前の方に座れる
  8. 一度解散し14時20分に再集合
  9. 再集合して若い番号から順番に劇場に入っていく
  10. 収録が始まる前にスタッフADさんの前説
    1. ステージに登場するときの「ジュニア」「ケンコバ」の呼び方の練習
    2. 大声で名前を呼ぶと本番で2人が一瞬こっちを見てくれる
    3. ADさんの簡単なトーク
  11. 収録開始
    1. 2人はステージ上でその日初めて会う
    2. 収録時間は1本約30分で終わる
    3. ジュニアのオチの終わり方がカッコよすぎる
  12. 1本目から続けて2本目、3本目と観覧する流れ
    1. 席が空いていたら勝手に座ってもOK
  13. 何本目の収録がおすすめか
    1. 2人はプロなので面白さは収録回によってほとんど差はない
    2. 収録回ごとの観覧希望者の多さは1本目>2本目>3本目
    3. ゲストは3本目に来ることが多い
      1. ゲストが客席に紛れ込んでいることがある
  14. 収録からテレビ放送まで1~2ヶ月後
  15. 最後に

千原ジュニアとケンコバのトーク番組『にけつッ!!』

今最も勢いのある 千原ジュニア と ケンドーコバヤシ がお届けする
肩肘張らずに楽しめる深夜ならではの 異色トークバラエティー 。

内容は実力派芸人の2人が ステージでしゃべるだけと至ってシンプル!
決まり事もなければ、打ち合わせ、台本もなし 。
何が飛び出すかわからない全く予測不可能な
ライブ感覚溢れるステージが最大の魅力!

にけつッ!!番組紹介 | 読売テレビ

◯放送日時
関東・・・毎週日曜 深夜1:40~(日本テレビ)
関西・・・毎週火曜 深夜0:54~(読売テレビ)
その他の地域はこちら

『にけつッ!!』の番組はものすごいシンプルで、千原ジュニアとケンドーコバヤシの2人だけのトーク番組です。

台本など一切はなく、収録当日も2人は打ち合わせはしていなく、ステージ上で初めて会っていきなりトークが始まります。

お題なども特にはなく、完全にフリーなトーク番組です。

トークの上手さがトップレベルな2人だからこそ成り立っている番組ではないかと思います。

収録場所は渋谷の『ヨシモト∞ホール』

『にけつッ!!』の収録は渋谷にあるヨシモト∞ホールで行われます。

『ヨシモト∞ホール』外観
『ヨシモト∞ホール』外観

住所:東京都渋谷区宇田川町31-2 渋谷ビーム内 ヨシモト∞ホール
アクセス:渋谷駅から歩いて約10分
定員:282名(客席218席)

『ヨシモト∞ホール』内観 「ヨシモト∞ホール

番組を観覧する場合はこの客席で観覧します。

『にけつッ!!』収録の様子
『にけつッ!!』放送の様子

収録日は「土曜日」で約3週間に1回

収録日に関しては随時『にけつッ!!のホームページ』で公開されているので、そこで確認することができます。

『にけつッ!!』は毎週放送されているのですが、収録は1日に3本分まとめて撮るので、だいたい3週間に一度の頻度の「土曜日」に収録が行われています

観覧は「無料」「予約なし」で見ることができる ※身分証(免許証)は必要

よくあるバラエティー番組などの観覧は、ホームページから応募して抽選が当たった人だけだったり、制作側が雇ったアルバイトだったりすることが多いです。

しかし、『にけつッ!!』の観覧は収録日に行くだけで誰でも無料で見ることができます

こんな番組他にあるのでしょうか…

ただ、”誰でも”とは書きましたがお酒を飲んでいる人、18歳未満で保護者同伴ではない人などは入場を断られることがあります。基本的には身分証(免許証)さえあって普通にしていれば、まず間違いなく入れると思います

『ヨシモト∞ホール』の定員は約280名で当日は整理券が配られる

『にけつッ!!』の番組は大物の2人が出演するということもあり、観覧希望者が『ヨシモト∞ホール』の定員を越えることも多々あります

※『ヨシモト∞ホール』の定員について
『ヨシモト∞ホール』の客席は218席で”立ち見”も合わせると定員は「282名」ですが、『にけつッ!!』の収録にはステージすぐ前の空間に客席が設けられたり、スタッフの席もあるので、実際は「282名」の定員は前後していると思います。(あくまで予想ですが)

なので、当日は混乱を招かないためにも整理券が収録回ごとに配られます

収録回ごとの整理券の配布時間と収録時間

通常回の時の整理券配布時間と収録時間は以下の通りです。

◯1本目
整理券配布 13:30~
収録時間 14:50~15:20

◯ 2本目
整理券配布 15:00~
収録時間 15:40~16:10

◯ 3本目
整理券配布 16:00~
収録時間 16:30~17:00

収録時間は約5分ほど前後する可能性はありますが、収録日当時はだいたいこんなスケジュールです。

定員をオーバーするとその収録回の整理券は貰えない

行きたい収録の回の整理券配布時間に行けば、『ヨシモト∞ホール』前に列ができていると思うので、並んでいれば普通に整理券を貰うことができると思いますが、会場は人数制限があるので、それをオーバーしてしまうと整理券が貰えない可能性もあります。

「じゃあ、いつ頃行けば整理券がもらえるの?」

と思う方もいると思うので、僕が実際に収録に行った時のことを下記に書いていきます。

収録日当日の整理券を貰うまでの流れ

1本目から見る為に13時20分頃無限大ホールへ着く

僕は収録日当日、1本目から見る為に13時頃渋谷に着き、歩いて『ヨシモト∞ホール』へ向かってだいたい13時20分頃着きましたが、すでに観覧目的の人がたくさん並んでいた状態でした。(整理券配布時間は 13時30分~)

※注意点 最後尾が少し分かりづらい

並んでいる人が多くて列が一周していた場合、どこが最後尾かわかりにくく、どこから列がスタートしているのか少し分かりづらいです。

そこで、下記に図で表してみたのでぜひ参考にしてください。

当日は『ヨシモト∞ホール』の↓下画像の赤丸の位置ぐらいで整理券を配るのでそこから列がスタートしていきます。

f:id:dai-diary:20171215085631p:plain

そこからぐるっと建物に沿って中に入るように列が続いていき・・・

f:id:dai-diary:20171210043827p:plain

列が長くなると整理券を配る位置と重なるような感じになっていきます。

f:id:dai-diary:20171215093747p:plain

※2019年8月追記 現在はこの位置から配られているかもしれません。近々行って確かめてみます。

整理券とアンケート用紙を受け取る

整理券が配られる13時30分になると列が動き始めます。整理券を配るだけなので案外早めに列は動いていき、10分後くらいには名刺大くらいの大きさの整理券とB5サイズのアンケート用紙をもらえました。

※整理券をもらうときには身分証が必要なので免許証を用意しておくスムーズ

f:id:dai-diary:20171210052000p:plain
f:id:dai-diary:20171210052100p:plain

整理番号の番号について

13時20分頃『ヨシモト∞ホール』に着くと”立ち見”で見れる程度の整理券の番号を貰う

1本目を見るために整理券が配られる10分前の13時20分頃『ヨシモト∞ホール』に着いた僕の貰った整理券の番号は「256番」でした。

上記には書きましたが、無限大ホールの客席数は218席で、定員は約282名となっています。

つまり・・・

整理番号が219番前後以降の人

立ち見

整理番号が282番前後以降の人

その収録回は見ることができない

ということになります。

僕の貰えた整理番号は256番だったので、1本目は”立ち見”になりました。

その時に並んだ最後尾の位置は
↓下画像のだいたい矢印の先端の位置ぐらいだったので、その辺りの列に並ぶことができれば「立ち見ではあるが、その回の収録を見れるぐらい」ということになります。

f:id:dai-diary:20171215093337p:plain

整理券を配る何時間も前に来なくても、整理券自体は貰えるのでそこは安心していいと思います。

整理番号が若い人から前の方に座れる

整理番号は番号が若い人から中に入って自由に座れるので、必然的に番号が若いほど座れる位置を選ぶことができ、または前の方の座席に座ることも可能です

『ヨシモト∞ホール』に行ったことのある人はわかるかもしれませんが、『ヨシモト∞ホール』はステージから客席までの距離がかなり近いです。

『にけつッ!!』の場合だと一番前の席の人は手を伸ばせばジュニアやケンコバに触れることができるぐらいです。

『にけつッ!!』収録の様子

どうしても一番前で見たいという人は、整理券配布時間の何時間も前に来るといいかもしれませんが、一番前に座っている人はDVD特典の優先入場者の場合もあります。

なので、もしかすると当日にいくら早く来ても一番前に座れない可能性はあります。ただ、番号が後の方でも入場したときに一番前の席が空いていれば自由に座ることは可能です。

一度解散し14時20分に再集合

整理券をもらうと一度解散し、また収録前に集まります。だいたい30~40分くらい間が空くので僕は近くのガストで時間を潰すことにしました。

番組の観覧に来る人は、この空いた時間をどうするか考えておくと、当日は変に時間を潰してしまわずに済むと思います。

再集合して若い番号から順番に劇場に入っていく

f:id:dai-diary:20171210060240p:plain

再集合の時間になると、スタッフの人が「〇番~〇番まで」と若い番号から順番に呼び始めます。

自分の該当する番号が呼ばれたら、整理券をスタッフの人に見せ、円柱の建物に入り階段を登って入ります。
僕が劇場に入って位置に着いたのが14時40分くらいでした。

収録が始まる前にスタッフADさんの前説

※2019年8月追記 最近の前説はADさんではなく、千原ジュニアさんと仲が良い後輩のピン芸人『てつみち』さんが行っています。

普通前説は若手の芸人がやることが多いですが、『にけつッ!!』の場合番組ADさんがステージに立って前説をします。

見た目20代の若めの男性ADさんが前説を行います。

まずADさんから下記の確認ごとを3つほど言われます。

・携帯の電源を切ること

・客席が写ってテレビで放送されたり、DVDになった時に残る可能性がある

・収録が終わった後は照明が落ちて暗くなってから移動すること

(※もしかしたら違うかもしれませんが、おそらくこんな感じです)

ステージに登場するときの「ジュニア」「ケンコバ」の呼び方の練習

その後に拍手の練習をして、「ジュニア」「ケンコバ」の呼び方を練習します。

ADさんが名前を言った後にそれを復唱して言うのですが、これはジュニアとケンコバがステージに登場した時に「ジュニアー!」「ケンコバー!」と名前を呼び番組を盛り上げるためです。

大声で名前を呼ぶと本番で2人が一瞬こっちを見てくれる

別にこれは強制ではないので、恥ずかしい人は収録の時に無理して声は出さなくていいですが、気合いの入った声で
「ジュニアー!!!」
「ケンコバー!!!」

とかなりの大声で叫ぶと2人がこっちに一瞬気付いて見てもらえるという若干なメリットがあります。

「奇声をあげるスーツ姿の外資系役員奇声をあげるスーツ姿の外資系役員」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材を拡大

登場で盛り上がると、ジュニアとケンコバも気持ちよくトークに移れるので、できれば名前を呼んであげましょう。

ADさんの簡単なトーク

名前の呼び方の練習をした後は、ADさんが3分程度の簡単な前説トークを行います
芸人であれば短時間で笑いをとれると思うのですが、若くて慣れていないADさんが行うので結構グダグダになります。

でもこのグダグダ感がちょっと面白くて、ADさんの頑張ってる感じが伝わってちょっと笑えたりします

常連からすると恒例行事みたいなものなのだと思います。

収録開始

2人はステージ上でその日初めて会う

前説が終わればすぐにでも出囃子が流れ、千原ジュニアとケンコバが登場するのですが、収録1本目の2人は当日ステージ上で初めて会っています

これはライブ感を持たせるために番組側が考えたことで、『にけつッ!!』が始まった当初から「本番が始まるで会ってはいけない」というのは徹底されています。もちろん、2人の間では打ち合わせも台本も用意されていません。

※詳しくはこちらの記事

収録時間は1本約30分で終わる

収録は約30分ほどで終わるのですが、これは放送時間とほぼ同じでめちゃくちゃ短いです。

『にけつッ!!』の放送時間は約30分(CMなどを差し引くと実質の放送時間はもう少し短い)なのでほぼカットなしで放送されることになります。

通常のバラエティ番組は放送時間の約1.5~2倍、もしくはそれ以上長く収録することはザラにあるので『にけつッ!!』は異常だと思います。

つまり、それほどカットをしなくても放送できる2人がスゴすぎることに尽きます。

台本も打ち合わせもなくてこれを毎週できるのは、めちゃくちゃ凄いことだと思います。

ジュニアのオチの終わり方がカッコよすぎる

トークの流れにもよると思いますが、その回の収録時間が終わるぐらいの時に、千原ジュニアがトークの一番の面白いところを持ってきて、最後にオチを言って客がドッと沸いた時に曲が流れて2人で一礼してサッと退場するということが多々あります。

去り際がカッコよすぎて、プロなんだなっていつも思います。

1本目から続けて2本目、3本目と観覧する流れ

1本目の収録を観た後に2本目も観たいとなれば、まだ2本目の定員がオーバーしていなければ観ることができます

1本目の収録が終わって外に出る時は、下画像あたりの出口から出ることになるので、もし2本目も観たい場合は、そのまま1本目の時に入った階段の入り口に向かえば大丈夫です。
(※整理券はもう配られた後なので、続けて観る場合は整理券などは必要ありません)

f:id:dai-diary:20171215114312p:plain

もし、どう移動していいかわからない人がいれば、1本目を観た人の中には2本目を観ようと思っている人は多いので、その列に紛れていれば大丈夫だと思います。

ただ、定員が埋まればそこで終了なので、1本目の収録を見ていた全ての人が2本目の収録を見れるとは限りません。

席が空いていたら勝手に座ってもOK

1本目を観た後であれば2本目は立ち見になる可能性が高いです。

ただ、もしスタジオに入って席が空いているようであれば、勝手に座っても大丈夫です。

スタッフの人が立ち見での案内をされていることもありますが、必ず立ち見というわけではなく、席に予約とかは一切ないので、空いていたら迷わず座って大丈夫です。

1本目と2本目の間は20分程なので、そこまで長い時間待たなくても観ることができます。

3本目も2本目と同じような流れで見ることができます。

何本目の収録がおすすめか

2人はプロなので面白さは収録回によってほとんど差はない

2人はトークのプロなので、どの収録回も面白いことには変わりはありません。

ただ、1本目から見ると2人がその日初めて舞台上で会って「トークがあたたまる」雰囲気を微妙に感じれます

なので、個人的には1本目から見ることをおすすめしたいです

収録回ごとの観覧希望者の多さは1本目>2本目>3本目

それぞれの収録回の観覧希望者の数でいうと、1本目>2本目>3本目という具合で、後になっていくほど観覧希望者は減ってきているような感じがあります

1本目を観覧した人が2本目を観覧できるのがその証拠であり、2本目の収録回は整理券が全部捌けていないことになります。

ただ、最終的に収録回3本とも定員いっぱいになることがほとんどです。

僕は3本続けて見ましたが、スタジオに入った時に2本目は席が少しだけ空いていて、3本目は30席ほど空いていたので、3本目は余裕で座ることができました。

1本目よりも2、3本目の方が若い番号の整理券を貰えやすくて、ほぼ確実に座ることができると思います

なので、1本目の収録回を見ずに2、3本目からの収録を見ようと考えている人は整理券の時間に早めに並べば、より前の方で観ることができると思います。

ゲストは3本目に来ることが多い

『にけつッ!!』にはたまにゲストが出演することがありますが、それは大体3本目に来ることが多いです。

ゲストの方のスケジュールもあると思いますが、おそらく一番盛り上がるから最後の3本目にしているのだと思います。

しかも『にけつッ!!』には、知名度の高い芸能人が来ることが多いです。2018年11月に放送された10周年の時には明石家さんまさんが来ていました。(放送10周年を記念して、豪華スペシャルゲストの明石家さんまがサプライズ出演!にけつッ!!お知らせ | 読売テレビ

無料で収録を見ているのに、知名度のあるゲストが見れるのはかなりラッキーです。

ゲストが客席に紛れ込んでいることがある

『にけつッ!!』ではサプライズとして客席にゲストを紛れ込ませて、ジュニアとケンコバが探すという流れがたまにあります

その場合、スタッフの方が最初位置だけ確保しておいて、あとからサッとゲストと交代しています。

なので、運が良ければ自分の横に座っている場所や立っている場所に自分のよく知る芸能人が来る可能性もあります。

もしゲストが誰か気づいたとしても、番組のために気付いていないフリをして周りをザワつかせないようにしましょう。

そんなラッキー体験をすることもあるので、もし1、2本目を観て3本目を観るか悩む人は観といて損はないと思います。

収録からテレビ放送まで1~2ヶ月後

他の番組側の調整などもあるので確実ではないですが、関東では収録からテレビ放送されるまでの期間は約1~2ヶ月後です。

関西であれば関東よりも1週間くらい早く放送されるので1ヶ月以内に放送される可能性もあります。

最後に

収録時間は30分ですが、実際に生で2人の話を聞いていると、圧倒されて30分があっという間に感じます。

それぐらい2人のトークはすごいです。

『にけつッ!!』は誰でも無料でその日に行けば見れるのでオススメです。

観覧者にはカップルの方もよく見かけるので、デートなどにも向いているかもしれません。

※もし『にけつッ!!』の観覧に行くのであればこちらもどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました